サイトをオシャレにするならWordPressテーマ「SWELL」

権利収入目的でのYouTubeビジネスはおすすめしない。副業での選択は期待できる。

YouTubeで権利収入を得たいと思っている皆さん。

  • 権利収入はYouTubeで得られるの?
  • どんな動画を作れば権利収入得られるの?
  • 登録者何万人行けば権利収入で生活できるの?

と権利収入をYouTubeで得られないか疑問に思っているかと思います。

本記事では、YouTubeで権利収入を目指す方法をご紹介します。

こんな人におすすめ

  • 権利収入を得るために挑戦するビジネスを検討している人
  • YouTubeで権利収入を目指そうとしている人

結論から言うと、YouTubeで権利収入を目指すのはあまりおすすめしません

目次

YouTubeは稼げる

近年、YouTubeが大流行し、小中高生のなりたい職業No.1にYoutuberが選ばれています。

その要因として、有名になりたい!好きなことをして稼ぎたい!お金持ちになりたい!などがあります。

特に、投稿した動画コンテンツが過去作も全て収入元となるため、お金を稼げる!好きなことをしていても稼げる!のイメージに繋がっていると思います。

アップした動画コンテンツが視聴されるだけで収入が発生するため、事実として大物Youtuberは大きく稼いでいます。

メモ

YouTubeは1再生あたりの収益が0.05円から0.1円と言われています。

この単価情報は公式の情報ではないですが、仮に0.1円とした時に100万回再生の動画は、それ1つだけで10万円稼いでいることになります。

実際には有名Youtuberになれば企業案件もあるため、さらに多くの収入を得ていることになります。

しかし、YouTubeが流行してから数年経ち、状況も変わってきています。

莫大な収入を得ている大物Youtuberがいる一方で、現在はYouTubeは飽和状態とも言われ、稼ぐことができないYoutuberもごまんといます。

大物Youtuberでさえも、収入やファンを維持するために、動画の毎日投稿に明け暮れているようにも見えます。

 

動画コンテンツをアップすれば稼げるイメージのYouTubeは、果たして権利収入を目指すビジネスで最適と言えるのでしょうか

 

YouTubeで権利収入を得られるのか

YouTubeが権利収入を目指す上で最適なビジネスか判断するために、そもそもYouTubeで得られる収益は権利収入なのか考えてみます。

 

YouTubeは投稿した動画コンテンツの視聴回数に応じて収益が発生します。Youtuberからすると、お金を稼ぐ動画コンテンツの権利を持ち、収入が得られるため権利収入と言えます。

 

▼「権利収入と何か」について以下の記事で詳しく説明しています。

あわせて読みたい
権利収入とはどんな稼ぎ方?権利収入で収入が得られる仕組みを図解で説明します 最近、権利収入という収入の得方が注目されています。 あなたも、権利収入について興味を持ったことがないでしょうか。 権利収入って何? 自分も権利収入を得られるの?...

 

ただし、権利収入とは労働収入と比較される不労所得とも言われています。

 

(最低限しか)働かずに得られる収入が権利収入とするなら、Youtuberは日々動画投稿を行なう(労働)ことによって収入を得ています。

もちろん、収入が大きくなれば毎日投稿から、週1投稿、月1投稿と頻度を落とせるかもしれないです。

しかし、YouTubeはエンタメという特性上、新しい動画コンテンツが見られる特徴があります。

そのため視聴回数を稼ぐために、動画投稿は高頻度で続ける必要があります。

 

結論として、YouTubeは労働を対価に収入を得ているため、権利収入が得られるビジネスとは言い切るには難しいです。

 

ただ、動画コンテンツのジャンルによっては権利収入を得ていると言っていいYouTubeチャンネルもあります。

 

YouTubeを権利収入化するにはどんなチャンネルが適しているか

前節で述べたとおり、YouTubeはSNSと同様に新しい投稿が再生されやすいです。

なぜ新しい投稿が再生されるのかというと、YouTubeを見るユーザーはエンタメ要素としてYoutuberを見に来ているからです。

そのためYouTubeは、日々投稿することで新しい動画コンテンツが視聴され、併せて関連した過去の動画コンテンツも視聴されて収入が発生していきます。

投稿を休止すると収入が減少していくので、減少させないために投稿(労働)し続けなければいけません。こういった面で安定が得られないため、有名Youtuber達は様々な事業に手を出し、収入チャネルを分散・拡大していっています。

 

しかしYouTubeの中でも、投稿スパンが低くても比較的に収益が減少しにくいジャンルがあります。

 

それは、情報提供系のチャンネルです。

歴史の話であったり、英会話であったり、プログラミングであったり、ユーザーの求める情報を提供するチャンネルです。

こういったチャンネルは、Youtuberを求めているわけではなく情報を求めているため、調べたい知りたい情報があるときに視聴されます。

Youtuberが活躍するチャンネルのように、爆発的に人気になったり、

視聴数が伸びたりすることはありませんが、その分、息の長い動画コンテンツとなります。

5Gへと通信技術が加速する中で、YouTube以外にもこういった情報提供や教育を動画コンテンツで提供するサービスが出てきています。

有名どころだと世界最大級のオンライン学習プラットフォームであるUdemyなどがあります。

 

しかし情報を調べるという点では、動画コンテンツで学ぶよりも、書籍やインターネットで調べる方法がまだまだ主流です。

情報が整理されていたり、自分のペースで進められたり、情報の良し悪しが判断しやすい等の点で文章のが優れているからです。

この情報提供という分野で、権利収入を得るビジネスとして秀でているのがアフィリエイトです。

アフィリエイトは、インターネット上のブログや情報サイトでユーザーの求める悩みを解決するビジネスです。

 

▼「アフィリエイトで権利収入を得る仕組み」については、以下記事で詳しく説明しています。

あわせて読みたい
ブログアフィリエイトで権利収入を得られる仕組みを作る 権利収入を得たいと思っている方へ 自分でも権利収入作る方法ないの? アフィリエイトって聞いたことあるけど怪しくないの? 具体的に何をすればいいの? と疑問や不安...

 

YouTubeで不労所得(≒権利収入)を得るためには、情報提供系のチャンネルを作成する。または、有名Youtuberになって様々な事業展開をしていくことで実現できると説明してきました。

仮に動画作成・投稿をすることが苦でなければ、YouTubeを権利収入ビジネスではなく副業として挑戦するのも良いかもしれません。

元に、本業の特性を生かした副業チャンネルとして成功している人もいます。

 

副業としてのYouTube

権利収入目的のビジネスであれば、適さないビジネスと説明しました。

しかし、本業の合間や週末に取り組む労働型副業(本業以外の労働で稼ぐ)であれば、YouTubeビジネスは選択肢として良いと思います。

YouTubeを副業とするメリットとして、

  • 時間に拘束されない
  • 収入に上限がない
  • 本業時も収入が発生する可能性がある(他の労働型副業であれば見込めない)
  • 成果が出るまでに時間がかかる・収入が不安定というYouTubeのデメリットが副業であれば許容できる
  • 本業を動画コンテンツのネタにすることができる

などがあります。

実際に、看護師や漁師、ラーメン屋店長、ADなどが本業を絡めた日常の動画コンテンツで成功を収めています。

 

ただし、デメリットとして

  • 労働に対する成果が確約されない(働いても収入が発生しない可能性の方が大きい)

ことがあげられます。

 

しかし、労働時間以上の収入が見込める点や、特定の労働時間を拘束されないため副業としては手の出しやすいビジネスと言えます。

 

どうしてもYouTubeで権利収入を得たい

それでもどうしてもYouTubeを権利収入ビジネスとしたい方は、YouTubeと他のビジネスを掛け合わせることをおすすめします。

  • YouTubeで成功を納め、有名Youtuberとなることで別事業を立ち上げる。
  • あるビジネスをする一方で、YouTubeを活用したコンテンツの提供や動画内での宣伝をする。

 

例えば、「YouTube×英会話教室」の話をします。

英会話教室を運営して、授業風景をYouTubeチャンネル化することで、教室の宣伝に加え動画コンテンツ自体からも収益が見込めます。

授業風景が質の高いものであれば、動画コンテンツを視聴することで、その教室に対し保護者の信頼が高まります。

また、生徒からしても授業の復習に使うことができます。

 

例えば、「YouTube×商品紹介サイト(アフィリエイト)」の話をします。

文章のみで商品紹介をしていたサイトに、より動きのある紹介を動画コンテンツで提供することで商品への信頼が高まります。

ユーザーは動画コンテンツを見ることができるので、商品への信頼が高まり、購入ユーザーの増加が期待できます。

投稿者も、商品の特徴を勉強してサイト記事を作成し、ネタをそのまま動画コンテンツとできるため効率的です。

 

このように、YouTubeは何かのビジネスと相乗効果を狙いやすい特徴を持っています。

YouTubeを活用し、一方のビジネスを軌道に乗せることでそのビジネスから権利収入を得るというモデルが築きやすいのです。

 

権利収入を得るためのビジネスは「アフィリエイト」がおすすめ

本記事を読んで、YouTubeビジネス参入に躊躇してしまった方。

せっかくあなたが持っている向上心を無駄にしないために、おすすめしたいビジネスがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトも、インターネット上で広告を配信するという意味で、YouTubeととても似ています。

YouTubeはコンテンツが動画、アフィリエイトはコンテンツが文章(記事)という違いがありますが、YouTubeと同様に一度作成した過去のコンテンツからも収入が発生する可能性があります。

 

ただ、権利収入を目指すビジネスとしてYouTubeより優れている点に以下があります。

  • エンタメではなく、情報を欲するユーザーがターゲット
  • 最新の情報ではなく、質の良いコンテンツが視聴される

上記2点から、ユーザーの悩みを解決する質の高い記事を作ることができれば、自動的かつ継続的に収入が発生するサイトが出来上がります。

YouTubeのようにコンテンツの流行り廃りが遅いため、月に1日だけの仕事で月収数十〜数百万といった収入を得ることも期待できます。

 

▼以下の記事で「アフィリエイトで権利収入を得る仕組み」を詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
ブログアフィリエイトで権利収入を得られる仕組みを作る 権利収入を得たいと思っている方へ 自分でも権利収入作る方法ないの? アフィリエイトって聞いたことあるけど怪しくないの? 具体的に何をすればいいの? と疑問や不安...

 

また、YouTubeをやりたい!という方でも、

アフィリエイトとYouTubeを組み合わせることで、権利収入に勢いをつけることも期待できます。

 

ただ、YouTubeを始めるにせよ、まずはアフィリエイトビジネスをある程度の形(お金を得られる仕組み化)にしてからの挑戦となるでしょう。

本ブログでは、アフィリエイトのブログ・サイトを1日で作る手順も作成しています。

もし、アフィリエイトに少しもで興味を持った方は併せて読んでみてください。

 

▼「1日でブログ開設から記事執筆を始めるまでの手順」を詳しく説明しています。

あわせて読みたい
WordPressで作るアフィリエイトブログの作り方【収益化を目指す人向け】 WordPressでブログを作りたいけど、具体的な始め方がわからない。。。 本記事では、 WordPressでブログを作りたい人に向けて 「WordPressで作るブログの始め方」を具体...

 

ぜひ、権利収入を目指したビジネスに挑戦して、経済的に自立した生活を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる