サイトをオシャレにするならWordPressテーマ「SWELL」

WordPressテーマの表示速度を比較【どのテーマが最速?】

悩んでる人

SEOにページ表示速度が大事って聞いたけど、WordPressテーマに優劣ってあるの?

2021年7月のGoogleアップデートによりサイトの表示速度に注目が集まってきました。

ブロガーの皆さんも、ご自身のブログの表示速度を上げようとテーマを変えたり、プラグインを追加・削除したりと試行錯誤されているかと思います。

本記事では、WordPressテーマによってどのくらい速度に差が出るのかの検証結果を紹介します。

この記事の執筆者
twitter:@v-challenging
Tatsu

私がブログ運営で学んだ知識を記事にしています!ぜひブログ運営の参考にしてみてください!

目次

WordPressテーマの表示速度を比較

今回比較するテーマが以下の3つ

  • Cocoon【無料テーマ】
  • 賢威【有料テーマ】
  • SWELL【有料テーマ】
  • AFFINGER6【有料テーマ】
  • 「おまけ」Twenty Twenty-One【WordPressインストール時デフォルトテーマ】

WordPressテーマの表示速度を比較する上での前提条件

サイトは以下の条件で、テーマの表示速度を測っていきます。

  • テーマ以外は全て初期設定
  • トップページに画像15枚をギャラリー表示させた固定ページを設定
  • テーマに子テーマが用意されている場合は設定する
  • 本ブログの検証用サイト『https://v-challenge-test.com/』で検証

検証にはGoogleの『PageSpeed Insights』を利用します。

Cocoon【無料テーマ】の表示速度

検証サイトにCocoonを設定します。

PageSpeed Insights』で検証を開始。

媒体スコア
モバイル70
パソコン91

賢威【有料テーマ】の表示速度

検証サイトに賢威を設定します。

PageSpeed Insights』で検証を開始。

媒体スコア
モバイル65
パソコン93

SWELL【有料テーマ】の表示速度

検証サイトにSWELLを設定します。

PageSpeed Insights』で検証を開始。

媒体スコア
モバイル87
パソコン99

AFFINGER6【有料テーマ】の表示速度

検証サイトにAFFINGER6を設定します。

PageSpeed Insights』で検証を開始。

媒体スコア
モバイル58
パソコン88

「おまけ」Twenty Twenty-One【WordPressインストール時デフォルトテーマ】の表示速度

検証サイトにTwenty Twenty-Oneを設定します。

PageSpeed Insights』で検証を開始。

媒体スコア
モバイル90
パソコン97

WordPressテーマの表示速度比較結果

テーマモバイルスコアパソコンスコア
Cocoon7091
賢威6593
SWELL8799
AFFINGER65888
Twenty Twenty-One9097

表示速度で最も優れているのは、SWELLという結果になった。

表示速度が速いというSWELLの定評が検証で、実証されました。

SWELLは必要な機能を標準装備されており、プラグインによるカスタマイズはあまりいらないとも言われているが、今回はプラグインなどのカスタマイズをしない検証だったので優位に働いたかもしれない。


>>『WordPressテーマ「SWELL」のインストール手順』はこちら


一方で、最遅はAFFINGER6だった。

AFFINGER6はカスタマイズ項目が豊富である一方、優れたプラグインがあればプラグインを使うという思想がある。そのため今回はプラグインなしでの検証であるため、AFFINGER6のポテンシャルを十分に発揮できる条件ではなかったかもしれない。


>>『WordPressテーマ「AFFINGER6」のインストール手順


結論としては、Twenty Twenty-Oneが最高という結果になった(笑)。

Googleのコアアップデートにより、表示速度について様々なメディアで言及されています。

ぜひこの検証結果を参考にテーマ選びをしてみてください。

今回検証したテーマはこちら

本ブログでも利用しているAFFINGER6について『WordPressテーマ「AFFINGER6」が稼ぐブログに最適な理由』で詳しく説明しています。ぜひ、併せて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる