サイトをオシャレにするならWordPressテーマ「SWELL」

WordPressテーマ「SWELL」の特徴とおすすめしたい人を徹底解説

悩んでる人

WordPressテーマが使いやすいって聞いたけど、具体的には何がいいの?

WordPressテーマ「SWELL」についてお悩みの皆さな

本記事では

  • 有料テーマって何ができるの?
  • SWELLってどんなテーマ?
  • SWELLを設定するとどんないいことがあるの?

にのようなSWELLの悩みついてSWELLとは何か、SWELLでできること、SWELLを設定すると良いことを紹介します。

この記事の執筆者

twitter:@v-challenging
この記事をおすすめする人
  • WordPressのテーマ選びに悩んでいる人
  • SWELLについて知りたい人
  • 有料テーマを検討している人
Tatsu

本ブログでもSWELLを採用しています

WordPressテーマ「SWELL」の体験レビューも含めて説明しているので、ぜひテーマ選びの参考にしてみてください。

目次

WordPressテーマ【SWELL】の特徴とおすすめしたい人

WordPressテーマ【SWELL】の特徴とおすすめしたい人

WordPressテーマ【SWELL】の特徴

WordPressテーマ「SWELL」は、ブロックエディター(Gutenberg)に完全対応したシンプルかつスタイリッシュなデザインの有料テーマです。

SWELLは、ブロックエディターがリリースされた後にテーマ開発されたこともあり、他の日本の人気テーマよりもブロックエディターの利便性が優れています。

またデザイン面では、シンプルかつオシャレな見た目に加え、トップページヘッダーに動画を差し込めるなどの大胆さを持ち、カッコイイオシャレなサイトを作りたい方に選ばれているテーマです。

WordPressテーマ【SWELL】をおすすめしたい人

WordPressテーマ「SWELL」は、ブロックエディターの優秀さ、デザインのシンプルかつおしゃれな見た目から、正直全ての人におすすめしたいです。

しかしその中でも、

  • SWELLのスタイリッシュなデザインが好きな人
  • ブロックエディターで記事をサクサク書いていきたい人
  • デザインに特にこだわりがなくとにかくおすすめのテーマが欲しい人
  • 今後サイトを複数運営する可能性がある人

におすすめしたいテーマです。その理由を本記事では具体的に解説していきます。

WordPressテーマ「SWELL」とは

SWELLとは

WordPressテーマ「SWELL」とは、SWELL開発者の了さん(@ddryo_loos)が『Gutenberg(ブロックエディター)』のリリースをきっかけに、自分自身が作りたいテーマを目指して開発されたテーマです。

「SWELL公式サイト」でキャッチコピーになっている『-シンプルなのに、高機能-|もっと気軽に、楽しく記事を書こう。それを可能にするWordPressテーマです。』とあるように、ブロックエディターでサクサクと文字書き・装飾ができるテーマです。

ブロックエディターを、SWELLレベルまで使いやすく作られているテーマはないため、記事の書きやすさ・記事のデザイン性で多くの支持を集めているテーマになります。

SWELLの語源は、「うねり」です。開発者の了さんが「あなたの人生がうねり始めますように。」との思いを込めてつけたようです。

参考サイト:SWELL開発者了さんのnote
項目内容
商品名WordPressテーマ SWELL
販売価格¥17,600(税込)
販売元株式会社LOOS
決済方法クレジットカード
ライセンスGPL100%
SWELLの販売情報


>>『WordPressテーマ「SWELL」のインストール手順』はこちら


WordPressテーマ「SWELL」のメリット・デメリット

SWELLのメリット・デメリット

SWELLのメリット

メリット①:デザイン性

SWELLはシンプルかつスタイリッシュで、ブログからサイトまで作れる綺麗目なデザインが特徴。

」  もかなりスタイリッシュで、海をイメージした白と青のデザインでかなり綺麗にまとまっています。

公式サイトのデザインは一例にすぎないが、「」ではダウンロードすればそのまま使えるサイトデザインや、SWELLを使ったお洒落なサイトを見ることができる。

また、SWELLではトップページのヘッダーに動画を設定できるのもデザインとしては特徴的です。ヘッダーは基本的に画像やアイコン、記事リストを使用することがメインですが、動画を設定すると迫力あるデザインにできます。

SWELLでサイトをオシャレにできるカスタマイズ例を『WordPressテーマ「SWELL」デモサイトの色カスタマイズ例一覧』にまとめています。SWELLを使ったらどんなデザインになるんだろう?と気になる方は併せてチェックしてみてください。

「トップページに動画を使うとサイト表示が遅くなるのでは?」と思う方もいると思いますが、公式サイトでも使われている通り、全く重く感じません。

SWELLはデザインのスタイリッシュさに加えて、サイト表示の速さも特徴的です。

メリット②サイト表示速度

SWELLは表示速度が速いことも有名です。

実際に本ブログでも、人気テーマとそれぞれ検証し比較しました。検証結果からSWELLのスコアはモバイル、パソコン共に他の有料テーマにも優位に立っています。

SWELLの「モバイル PageSpeed」
モバイル PageSpeed
SWELLの「パソコン PageSpeed」
パソコン PageSpeed

2021年7月のGoogleページエクスペリエンスアップデートにて、ページの表示速度がより検索順位に評価されるようになりました。

検証は『WordPressテーマの表示速度を比較【どのテーマが最速?】』で実施しています。詳しい検証内容・結果が気になる方は併せて読んでみてください。

メリット③ブロックエディタ

SWELLはブロックエディタ(Gutenberg)に完全対応したテーマで、SWELLによってカスタマイズされてブロックエディタが非常に使いやすいです。

そもそもSWELLの開発開始タイミングのきっかけは、WordPress5からブロックエディタを推奨となったこととSWELL開発者了さんのnoteで説明されています。

SWELLブロック
引用:https://swell-theme.com/

そのため、SWELLはブロックエディタを中心にエディタが整理されており、SWELL特有の「SWELLブロック」を利用することで、スタイリッシュな見た目で、執筆が進む使いやすさが特徴的です。

メリット④サポート体制

SWELLは、SWELL利用者(SWELLERS’)にもSWELLにテーマ移行しようとしている人にもサポート体制が手厚いです。

SWELLを購入すると、SWELL利用者限定の会員サイトやSlackに登録することができ、フォーラムでQAのナレッジを見たり質問することができます。

またSWELLは、他のテーマからSWELLに移行を考えている人に向けた、移行プラグインも提供しています。

テーマの変更を考えている人も、テーマ移行はかなりの体力を使う作業でハードルになるものですが、SWELLは他の人気テーマから安全に移行できるサポートを設けています。

現在用意されている「移行プラグイン一覧」はこちら

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

メリット⑤プラグインの極小化

SWELLは、収益化やSEO対策のための機能が標準で搭載されています。

そのため他のテーマでは、プラグイン(有料クラスも含め)で補っていた機能がSWELLには搭載されており、新たにプラグインを購入したりする必要がないです。

代表的な機能としては、画像の圧縮プラグインや広告タグ管理、ABテスト、目次、フルワイド機能などが特徴的です。

SWELLでブログ運営をするなら使いたいおすすめプラグインを『WordPressテーマ「SWELL」と一緒に使いたいおすすめプラグイン』で紹介しています。実際どんなプラグインが必要で、使わなくていいプラグインは何なのか気になる方は併せてチェックしてみてください。

メリット⑥GPL100%

SWELLは、WordPressのGPL方針に則りGPL100%です。

SWELLを購入することで複数のサイトに利用でき、また他者のサイトを作る際にも転用することができるライセンス制限のないテーマです。

ただし、SWELL利用者限定のSWELLERS’へのログイン方法を共有することは禁止されています。

SWELLはGPL100%テーマです。ライセンス制限はなく、複数サイトでご自由にご利用頂けます。

引用:

SWELLのデメリット

デメリット①販売価格が高い

SWELLの販売価格は、¥17,600(税込)と他の有料テーマに比べて割高です。

他の人気な有料テーマの価格を見ても割高(全て買い切り)です。

有料テーマ販売価格特徴
SWELL17,600GPL100%
AFFINGER614,800 
THE THOR16,280 
JIN14,800 
SANGO11,000 
有料テーマの販売価格比較表

しかし、SWELLはGPL100%なので、他のサイトにもライセンス制限なく利用できます。

一見すると価格が高いように見えますが、今後のブログ人生を考えると先行投資としては安い印象です。

デメリット②歴史が浅い・運営者が一人

SWELLは販売開始が2019年3月で歴史がまだ浅いです。

また運営(開発者1人)がスモールなので、会社HPなど実績や安定性を重視する場合は、実績・サポート体制がしっかりとした有料テーマを検討したほうがいいかもしれません。

デメリット③可愛いデザインには不向き

SWELLのデザインはシンプルでスタイリッシュな特徴で、SANGOやJINのような可愛いブログにしたい方は少々イメージと違うかもしれません。

ただし、SWELLにもオブジェクトに丸みを帯びせる機能があり、配色や画像と組み合わせれば以下のようなイメージのサイトを作ることも可能です。

ただしそれでも、SANGOのようなブログ風の可愛さではなく、あくまで洗練された綺麗なブログになるので人によってはSWELLのデザインはデメリットになり得ます。

デザインが自分の理想に近いかはチェックしておきましょう。

WordPressテーマ「SWELL」以外のテーマを検討した方がいい人

SWELL以外のテーマを検討した方がいい人

正直、SWELLは非常におすすめです。

テーマ選びに悩んでいる人は全員SWELLで良いと思っています。

しかし、それでもSWELLには合わないかもしれない人もいるので、SWELLをおすすめしない人の例をあげます。

SWELLの標準設定以上に独自でカスタマイズしたい人

SWELLのカスタマイザーで設定できる範囲以上に、カスタマイズを考えて行きたい人は別のテーマをおすすめします。

通常テーマは、テーマエディターでCSSやPHPをプログラミングすることで独自のカスタマイズをすることができます。

しかしテーマエディターで修正する内容は、テーマの意図していない変更になるので、修正内容によってはテーマが劣化してしまう可能性があります。

SWELLは他の有料テーマに比べると、標準設定でカスタマイズできる項目は優秀な方ですが、『』に比べると項目自体は劣ります。

AFFINGER6は初心者にはとっつきにくい、アフィリエイター中級者以上にとっては御用達の有料テーマです。

特に、ウィジェットについてはSWELLとAFFINGER6では設定機能数に差があるので、要チェックポイントです。

SANGOやJINなどのブログらしい可愛いデザインでブログを作りたい人

SANGOやJINは、開発者の方の好みが前面にあふれた特徴的なテーマで、他のテーマでSANGOのようなデザインを目指すと難しいです。

SANGOやJINのデザインを真似したい人には、SWELLはおすすめできません

WordPressテーマ「SWELL」デモサイトの色カスタマイズ例一覧』でSANGOのデザインをSWELLで模倣してみましたが、フラットなデザインもSWELLでは可能です。

WordPressテーマ「SWELL」以外でおすすめなテーマ

SWELL以外でおすすめなテーマ

SWELL以外でおすすめなテーマは、以下の3つです。選び方と一緒にご紹介します。

  • AFFINGER6
  • JIN
  • SANGO

まず第一に、とりあえず悩んでいる人はSWELL

私は無料テーマCocoon、有料テーマ賢威/AFFINGER6/SWELLを使っていますが、SWELLはブロックエディタ完全対応、表示速度、オシャレなデザインととても優秀なデザインです。

迷っているのであれば、今後のクラシックエディター廃止も見越してSWELLをおすすめします。

SANGOのデザインが好き!な人はSANGO、JINのデザインが好き!な人はJIN

SANGOやJINのデザインが好き!真似したい!という方は、SANGO/JINをおすすめします。

SANGOやJINのポップなデザインは、ブログ風でじゃっかんサイトには不向きなものの、他のテーマで同じようなデザインにするにはかなりハードルが高いです。

また、アイキャッチや記事内画像を、自身で作成したオシャレなイラストを利用したい人にもおすすめです。

SWELLで物足りなさを感じる、アフィリエイター上級者と同じテーマに挑戦したい!人はAFFINGER6

SWELLで実現したいことが標準装備されていない!という方はAFFINGER6をおすすめします。

SWELLでCSSやPHPを修正するくらいなら、AFFINGER6を使いこなして意のままにサイトをカスタマイズすることをおすすめします。

AFFINGER6を検討したい方は『WordPressテーマ「AFFINGER6」が稼ぐブログに最適な理由』で、AFFINGER6について詳しく解説しているので併せて読んでみてください。

WordPressテーマ「SWELL」のインストール手順

SWELL公式サイトからSWELLのインストール作業を始めます。


>>『WordPressテーマ「SWELL」のインストール手順』はこちら


詳しいインストール手順は『WordPressテーマ「SWELL」のインストール手順と最初にやること』で画像付きでご紹介しています。

またSWELLインストール手順に加え、インストール後最初にやることも詳しくまとめてるので併せてチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる