サイトをオシャレにするならWordPressテーマ「SWELL」

無料と有料は何が違う?アフィリエイトを無料で始められるブログサービスを紹介

悩んでる人

できれば無料でアフィリエイトを始めたいんだけど、無料と有料は何が違うの?

ブログで広告収入を稼ぎたい!でもまずどのブログサービスを使えばいいの?と悩んでいる皆さん。

  • ブログサービスは何がある?
  • 無料ブログサービスと有料ブログサービスの違いは?
  • できれば無料で始めたいけど、無料ブログサービスのデメリットはあるの?

と無料ブログサービスと有料サービスの違いを知りたいかと思います。

本記事では、無料ブログサービスの紹介と一緒に、有料ブログサービスとの違いについて詳しくご紹介します。

この記事の執筆者
twitter:@v-challenging
Tatsu

私がブログ運営で学んだ知識を記事にしています!ぜひブログ運営の参考にしてみてください!

この記事をおすすめする人
  • ブログで広告収入を稼ぎたい人
  • どのブログサービスでアフィリエイトを始めようか検討している人
  • WordPressと無料ブログサービスの違いを知りたい人

結論から行くと、本気でアフィリエイトを始めて、広告収入を稼ぎたい方はWordPress一択です。

すぐにWordPressでブログ作成を始めたい方は、以下の記事でブログ開設から記事作成まで解説しているので読んでみてください。

WordPressと他の無料ブログサービスの違いを詳しく知りたい方は、本記事を読み進めてください。

目次

無料ブログサービスでアフィリエイトはできるのか

無料ブログサービスとは、無料で自身のブログサイトを作成することができるサービスです。

難しい設定や、ブログを一から作り始めるなどの手間なく、短時間でブログを作り上げることができます。

無料ブログサービスを利用する上で最も重要な点は、無料でも広告収入を得るためのアフィリエイトができるのかです。

今や世の中にある、ブログや情報サイトは必ずと言っていいほど、広告収入目的と言っていいです。昔のように、趣味を共有するだけというようなSNS的な使い方はほとんどされていません。

「無料でも広告収入を得るためのアフィリエイトができるのか」の結論としては、無料ブログサービスでもアフィリエイトはできます。

そのため、広告収入目的のブログ運営を目指している人は、無料ブログサービスの利用も視野に検討することができます。

ただし、無料ブログサービスには、無料であるがゆえの制限がいくつかあるので、無料ブログサービスの特徴とデメリットを把握する必要があります。

無料ブログサービスを選ぶ上でのポイント

広告収入を目指すために利用するブログサービスで、最も重要なポイントは、どのタイプのアフィリエイト広告が利用できるかです。

例えば、

  • 商品紹介系のブログサイトを立ち上げたのに、商品紹介のためのアフィリエイト広告が使えない。
  • みんなが毎日見るようなトレンド系のニュースブログを立ち上げたのに、単価の高い広告しか使えない。

などのように、広告収入を目指すブログで、紹介したいアフィリエイト広告が使えなかったら本末転倒ですよね?

無料ブログサービスを選ぶ際に、確認したいアフィリエイト広告のタイプですが、アフィリエイトは大きく分けて3タイプに分かれます。

アフィリエイト広告の3タイプ
  • アフィリエイト広告
  • Googleアドセンスなどのクリック型広告
  • Amazonアソシエイトなどの物販系広告

この3広告タイプが利用できるか確認した上で、他にデメリットがないかも併せて確認していきましょう。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、A8.netなどのASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を介して、企業と提携することで、その企業の商品を紹介することができます。

そして、あなたのブログで紹介した商品が、購入されることで報酬が得られる成果報酬型のアフィリエイトです。

ASPには様々な商品やサービスが並び、その中から自分が紹介したい商品を選んでアフィリエイトすることができます。

商品によっては、広告単価が10,000円を超えるなどの高額報酬商品もあるため、非常に魅力的な広告収入です。

アフィリエイト広告は、一般的にアフィリエイトとイメージされる広告タイプと言えます。

Googleアドセンスなどのクリック型広告

Googleアドセンスは、ユーザーの1クリックに対して報酬が発生するアフィリエイトです。

1クリックあたりの報酬は20〜90円程度ですが、トレンド系のブログなど、商品購入は難しいがアクセス量が見込めるブログに最適です。

また、クリックするだけで報酬が発生するため、初心者には収入を得るという意味でハードルの低い広告タイプになります。

しかしGoogleアドセンスは、アフィリエイトするのにGoogle独自の審査を採用しており、審査通過のハードルは高いです。

無料ブログサービスでは、Googleアドセンスが利用できないものも多数あるため、注意したい広告タイプの一つです

Amazonアソシエイトなどの物販系広告

物販系広告は、ショッピングサイトでの商品購入によって報酬が発生するアフィリエイトです。

アフィリエイトできるショッピングサイトは、Amazonや楽天市場は、Yahooショッピングなどがあります。

例えばブログ内で紹介した、書籍の広告リンクから購入された場合、アフィリエイト報酬が発生します。このアフィリエイト広告の魅力的なところが、書籍の広告でも、その後ユーザーが他の商品を購入したとしても報酬が発生することです。

商品紹介は、自身の利用している商品のレビューをすることで紹介できるため、初心者にも参入しやすいジャンルになります。

しかし、AmazonもGoogleアドセンス同様に独自の審査基準を持っているため、注意が必要な広告タイプになります。

アフィリエイトができる無料ブログサービスを紹介

ここでは、広告収入が得られるのかアフィリエイトがしやすいのかという点で紹介していきます。

  • アフィリエイトができるか
  • Googleアドセンスが利用できるか
  • Amazonアソシエイトが利用できるか
  • 他のデメリットが許容できるか

はてなブログ:無料プラン

はてなブログは、とても歴史の長いブログサービスです。

「はてなブックマーク」や「はてなブロググループ」などの機能があるため、はてなブログ独自のコミュニティからのアクセスが期待できるブログサービスです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:◯(可能)
  • Googleアドセンス:△(独自ドメインでないため審査が厳しい)
  • Amazonアソシエイト:○(可能)

はてなブログは基本的に広告収入を目指すことができます。

情報サイトによっては、有料プランでないとGoogleアドセンスは使えないという情報がありますが、無料プランでのGoogleアドセンス審査通過の実績もあるようです。

ただし、独自ドメインのサイトの方が優位であることは確かなようで、審査通過者も体感的には厳しいそうです。

はてなブログも他の無料ブログ同様に、広告収入を目指す上でのデメリットがあります。以下のデメリットを許容できのであれば、はてなブログで収益化を目指しても良いでしょう。

ここが気になる…
  • ブログサービス独自の広告がついてしまう
  • 独自ドメインが設定できない
  • チームでのブログ運営はできない
  • AMP(スマホ用の高速表示機能)に対応していない

Rakuten BLOG(楽天ブログ)

引用:Rakuten BLOG

Rakuten BLOG(以後、楽天ブログ)は楽天市場で有名な楽天グループが運営しているブログサービスです。

実はAmebaブログよりも老舗で、2001年から運営されているブログサービスです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:×(不可)
  • Googleアドセンス:×(不可)
  • Amazonアソシエイト:△(楽天アフィリエイトのみ可)

楽天ブログは楽天アフィリエイトでのみ広告収入を目指すことができます。

特に初心者にはハードルが低い特徴があります。楽天のアカウントを持っていればすぐにログインして始められることや、スマホアプリで簡単にブログを投稿することができるため、記事執筆が大変という障壁は低いかもしれません。

また、楽天ブログは完全無料(有料プランもない)であることや、画像や動画素材の容量上限がない特徴もあります。

ただし楽天ブログは、楽天市場の商品を紹介して広告収入を得る楽天アフィリエイトでしかアフィリエイトできないので、様々なアフィリエイトに挑戦したい!と考えている人は他のブログを検討した方が良いでしょう。

ここが気になる…
  • 楽天アフィリエイトしかできない
  • 独自ドメインが設定できない(WordPress移行時は完全に評価0からブログを作り直す必要あり)
  • 有料プランがないので限界を感じたら選択肢はWordPressのみ

Amebaブログ

引用:Ameba

Amebaブログは芸能人も多数利用するなどの人気無料ブログです。

SNSのような日記風の記事が主流のブログで、読者間のフォロー機能など利用方法がSNSに似ているブログサービスです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:△(Ameba専用のASPのみ可)
  • Googleアドセンス:×(不可)
  • Amazonアソシエイト:△(Ameba専用のASP内でのみ可)

Amebaブログ(以下、アメブロ)は、Ameba Pickという独自のASPでのみアフィリエイトすることができます。

以前は、アメブロといえばアフィリエイト禁止のイメージが強かったですが、近年Ameba Pickでのみという制約はありますがアフィリエイトできるようになりました。

アメブロで収益化して行きたい人に特に注意してほしい点が、アメブロはあくまで日記やSNSといった記事が主流のブログサービスです。

集客方法も、SEO(Googleの検索エンジン最適化)ではなく、アメブロユーザー同士の相互参照です。

この理由は、アメブロの記事は日記風であるため、Google検索から来るユーザーの悩みを解決できるかという点では、日記風記事はアンマッチなことです。

そのためアメブロは、SEOは強くないことが特徴的です。十数年前は、インターネット検索をするとアメブロ記事が表示されることもありましたが、近年ではめっきり見かけなくなりました。

収益化を目指す人は、アメブロでターゲットとするユーザーは同じアメブロ利用者という点に注意してください。

ここが気になる…
  • Ameba Pickでしかアフィリエイトができない
  • 独自ドメインが設定できない(WordPress移行時は完全に評価0からブログを作り直す必要あり)
  • ターゲットがアメブロユーザーなので、SEOに比べユーザーの母数が少ない

FC2ブログ

引用:FC2ブログ

FC2ブログは、幅広いジャンルのブログが扱える無料ブログです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:◯(可能)
  • Googleアドセンス:◯(可能)
  • Amazonアソシエイト:◯(可能)

FC2ブログは、アフィリエイトが多用にできるブログです。

そのため、アフィリエイト目的で無料ブログを始める場合は、良い選択のひとつかもしれません。

FC2ブログはアダルトジャンルもOKな無料ブログでは珍しい特徴があります。

一方で、アダルトのイメージが強いこともあるため、法人向けブログなどには向かないブログサービスです。

デメリットとしては、1ヶ月間記事の更新がないと自動広告がついてしまうため、定期的な更新が必要です。

権利収入や不労所得目的で始める場合は、無料ブログ特有の資産性と1ヶ月に一度の記事更新が必要ということもあり不向きかもしれません。

ここが気になる…
  • アダルトジャンルのイメージが多少ある
  • 月一回の自動広告化

note

引用:note

noteは、SNS×ブログ×商品販売のような新しいブログサービスです。

むしろ長文の投稿ができるから(良い意味で)ブログサービスにも見えるだけのサービスです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:×(不可)
  • Googleアドセンス:×(不可)
  • Amazonアソシエイト:◯(可能)

noteは、Amazonアソシエイトでのみアフィリエイトができるブログです。

というのも、noteは他の広告商品を得ることではなく、投稿(以下、noteの投稿はコンテンツ)を販売することができるサービスだからです。

noteの稼ぎ方は、Amazonアソシエイト、有料コンテンツ、サークル(オンラインサロン)、クリエイターサポート(投げ銭)があります。

特にメインの収益方法は、簡易的な電子書籍のような投稿(有料コンテンツ)を販売することです。

アフィリエイトをしたい!と思っている人からすると、アフィリエイトによる収入は見込めないですが、note特有の収益方法があると考えましょう。

noteは自身のブログを持つというよりは、SNSに近く自身のブログデザインもカスタマイズすることはできません。

そのため、あなたのアカウントページに来たというイメージが強いです。

noteはアフィリエイト向きではないですが、コンテンツを有料化することができるため、WordPressでブログを作って、一部の記事はnoteで有料化するといった使い分けがおすすめです。

ここが気になる…
  • ブログサービスとは言い難い
  • アフィリエイトはAmazonアフィリエイトのみ
  • ブログというよりもSNSのアカウントページを持つというイメージに
  • SEOによる集客は見込めない

ライブドアブログ(livedoor Blog)

livedoorBlogはカスタマイズ性が高いことから人気のブログです。

広告収入が得られるか
  • アフィリエイト:◯(可能)
  • Googleアドセンス:◯(可能)
  • Amazonアソシエイト:◯(可能)

livedoorBlog(以下、ライブドアブログ)は、アフィリエイトが多用にできるブログです。

多数のテンプレートと、CSS/HTMLのカスタマイズができるため他の無料ブログに比べても、オリジナリティのあるブログを作ることができるサービスです。

カスタマイズ性が高いこと、アフィリエイトがしやすいことが人気のブログです。

しかし、スマホでのブログ参照時は自動広告が必ずついてしまうデメリットがあります。

今やインターネットを見る媒体はスマホがメインであるため、自身の設置したアフィリエイト広告とは別の広告が表示されることは収入額の低下に繋がります。

パソコンで見ることが多いジャンルのブログをする場合は、このデメリットを許容できるためライブドアブログを選択することも検討できるかもしれません。

ここが気になる…
  • スマホではブログサービス独自の広告がついてしまう

ブログサービスを目的別に検討する

ブログサービスは基本的な機能はどのサービスも似たり寄ったりです。しかし、それぞれ独自の機能によって、ブログサービスには特徴があります。

これらの特徴は、あなたがブログを始める目的に強く影響しています。

そのため、ブログを始める目的で、ブログサービスを選ぶことをおすすめします。

目的×ブログサービス
  • 本気で収益化を目指す人は、WordPress
  • 趣味としてブログはやりたいがお小遣い稼ぎもできたら嬉しいという人は、はてなブログ

ここまで、無料ブログサービスを説明してきましたが、真剣に収益化を目指す人はWordPressをおすすめします。

WordPressは他の無料サービスとは異なり、

WordPress(無料ブログサービス)×サーバー・ドメイン(有料)でブログを作成するサービスです。

少し難しく見えますが、全世界のサイトのうち圧倒的シェアを誇るのがWordPressであり、あなたが見ているほとんどのサイトがWordPressで作られています。

WordPressと無料ブログサービスの違い

なぜ、収益化を目指すならWordPressの一択なのか。

WordPressは無料ブログサービスに比べると、ブログの開設方法も、設定項目も複雑でたくさんあります。

ある意味、ブログを1から自分で全て作ると言っても過言ではないです。

WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い
WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い

WordPressと無料ブログサービスのブログ開設手順を比較してみると以下のようになります。(細かいデザインのカスタマイズ等はどちらも省略しています)

WordPress
  • サーバー契約
  • ドメイン登録
  • WordPressインストール
  • テーマ設定
  • 記事作成開始
無料ブログサービス
  • 無料ブログサービスへの登録
  • 記事作成開始

これらの手順の違いは、無料ブログサービスが、ブログサイト運営者に記事執筆に集中しやすいように、難しい手順や設定を省いて、簡単にブログ運営ができるようにしてくれているからです。

この簡単にできるという特徴は、初心者にはブログを始めやすい一方で、自身でカスタマイズできる可能性を極端に狭めています。

WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い(カスタマイズ領域)
WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い(カスタマイズ領域)

特に、収益化を目指したブロガーからすると、この特徴は致命的になりかねません。

例えばWordPressだと、

  • アフィリエイト広告が自由度高く好きなところに貼ることができる
  • 各記事の導線が自由(記事を読み進めることで、読者に購買意欲を高めてもらうことが重要)
  • ブログサイトのデザインの自由度が高い

などが挙げられます。

  • WordPressは無料ブログサービスに比べ、その仕組みから圧倒的にカスタマイズの自由度が高い。
  • このカスタマイズの自由度は、収益化を目指す上で致命的な欠点になる可能性がある。

また、無料ブログサービスは無料であるがゆえの制約がたくさんあります。

そのため、無料ブログサービスでブログを始めても続けていくうちに限界を感じ、無料プランから有料プランへ移行するブログ運営者がたくさんいます。

しかし、無料ブログサービスとWordPressとの仕組みの違い自体は変わらないので、有料プランでも賄えないカスタマイズの壁にぶち当たることで、無料ブログサービス(有料プラン)からWordPressに移行するブログ運営者がたくさんいます。

途中で、無料ブログサービスからWordPressに移行することはもちろんできますが、無料ブログの時の仕組みとWordPressの仕組みの違いを埋めるために必要な移行作業は膨大です。

そのため、本気で収益化を目指す方には、最初からWordPressでブログを開設することをおすすめします。

  • 無料ブログサービスでブログ運営を継続していると、無料ブログサービスならではの制約に限界を感じることがある。
  • 無料ブログサービスからWordPressへの移行作業は大変。

最後に、無料ブログサービスではなく、WordPressをおすすめする最大のメリットがブログの資産性です。

WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い(資産性)
WodPress・無料ブログサービスの仕組みの違い(資産性)

先にあげた通り、WordPressはサーバーとドメインを、ブログ運営者自身で契約・管理します。

無料ブログサービスとの違いは何かというと、WordPressは自身でブログを保有している。無料ブログは、サービスの一部を間借りしている。

そのため、もし無料ブログサービスが「来月からGoogleアドセンスは利用できません」のような利用改正がされたら従う必要があります。もしあなたがGoogleアドセンスで収益を上げていたら、これは大きな打撃です。

WordPressと無料ブログを店舗で例えると

  • WordPressは、土地(サーバー)を借りて、住所・店名(ドメイン)を決めて、自身で店(ブログ)を建てます。自分で全て作っているので、どんな店にするのも自由です。
  • 無料ブログサービスの場合は、ショッピングモール(ブログサービス)の1テナント(ブログ)を無料で借りて営業できます。
  • テナント内であれば自由に店内をデザインすることができますが、ショッピングモールが休みとしたら、お店も休む必要があります。
  • 無料で店舗を貸してくれるショッピングモールは、店をたくさん入れることで、ショッピングモール自体の価値を顧客に認識してもらえます。

一方で、無料ブログサービスは、サーバー・ドメインはブログサービス運営者が管理しているため、もしあなたのブログが不適切と、何かの理由で判断されたら、削除されてしまう可能性もあります。

  • WordPressの方が、アフィリエイト広告の自由度が高い。
  • WordPressの方が、ブログの戦略を考えた記事導線を、細かく作れる。
  • 無料ブログサービスの有料プランを検討するのであれば、無料ブログサービスを使う必要はない。無料ブログサービスはWordPressと比較した時に、無料以上のメリットはない。
  • 本気で収益化を目指すなら最初からWordPressでブログを作ることが近道。
  • ただし、趣味で自身の知識をアウトプットしていきたいという人には、無料ブログサービスで十分。

WordPressでのブログの始め方

本記事では、無料ブログサービスよりもWordPressの方が難しいと説明してきました。

しかし、手順や設定項目が多いだけで作業自体は簡単です。

以下の記事で、『WordPressで作るアフィリエイトブログの作り方【収益化を目指す人向け】』を詳しく説明しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる